« マイコー! | トップページ | 法廷映画 »

山田風太郎

私は山田風太郎の小説が大好きで今でも読み返していたりする。彼の小説のメインとなるものは主に忍者。その登場人物が忍法(忍術)を使って剣豪や別流派の忍者と対決するわけだ。
映画化された中で有名なものは、最近リメイクされた「魔界転生」。
柳生十兵衛が蘇った宮本武蔵、天草四郎、柳生但馬守(十兵衛の父)らと対決するというもの。長編小説を2時間あまりの映画に凝縮できるわけはないので、小説のほうをオススメしておく。

そこで意外と知られていないのが、角川映画の「伊賀忍法帖」。

伊賀忍法帖 (1982)
監督:斎藤光正
出演:真田広之、渡辺典子、美保純

この映画、大まかな設定は小説と同じなんだけど、なんか面白くない。作りが雑。真田広之、渡辺典子、ストロング金剛などはナイスキャストだとは思うんだけど。
こう考えていくと、小説からの映画化、漫画からの映画化、ゲームからの映画化ってイメージが先行してしまうので難しいなって強く思う。まあ「バイオハザード」のように新しく作りかえたと思えばいいんだけど、面白くないのでは意味が無い。

ちなみに「くの一忍法帖」もVシネマあたりで映像化されてる。ビデオ等に収録されてる予告映像しか観たことないけど・・・エロを前面に出してるね(^_^;)

もう誰か山田風太郎の小説のイメージを壊さずに、さらにアレンジしてくれる監督はいないのかと!
そして「甲賀忍法帖」を映像化希望(無理だろうがな)。

   島原の乱で徳川幕府に滅ぼされたキリシタンたちの若き長・天草四郎(窪塚洋介)は、やがて魔界からよみがえり、現世に未練を持つ剣豪たちを転生させて幕府への復しゅうを誓う。柳生十兵衛(佐藤浩市)は、彼らの陰謀に完全と立ち向かっていく。
   山田風太郎の同名時代劇ファンタジー小説の2度目の映画化。深作欣二監督による『魔界転生』が転生した者たちの怨念を重視していたのに対し、今回の平山秀幸監督版はストーリーも原作のエッセンスを生かし、さらには剣豪対決のチャンバラ映画として徹底させており、まるでゴングが鳴るかのように十兵衛が第1ラウンド、第2ラウンドと魔界の剣豪たちと刃を交わしていく痛快作に仕上がっている。また四郎に付き従い、参謀のように行動するクララお品役の麻生久美子の妖艶な美しさや、四郎を慕う切なさまでも巧みに描かれている。クライマックス、十兵衛とその父・柳生但馬守との対決シーンは、名優・中村嘉葎雄の見事な殺陣もあいまって時代劇ファン必見の優れものとなった。(的田也寸志)
by AffiliSearch


« マイコー! | トップページ | 法廷映画 »

コメント

映画の映像化ではなくて、漫画化されてますよね。
「バシリスク せがわまさき」
現在アッパーズで連載中です。
この漫画化の絵は山田風太郎にピッタリで、私としては他の作品も漫画化してもらいたいと思ってるほどです。

投稿: 柊龍司 | 2004.01.08 11:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5760/22382

この記事へのトラックバック一覧です: 山田風太郎:

« マイコー! | トップページ | 法廷映画 »