« STING AT THE MOVIES | トップページ | 悪vs悪 »

シルベスタローン

友:「シルベスター・スタローンって、シルベスタローンって呼んでしまうんだよ」
私:「そうか?マット・デイモンとマット・ディロンは俺も間違えるなぁ」
友:「えっ・・・誰?」
私:「うっ・・・嘘!!マイナーか!!」

といった会話をした。二人とも有名な俳優じゃないのかよ・・・

マット・デイモンは「プライベート・ライアン」や「ボーン・アイデンティティー」に出てた俳優。個人的には顔はあまり好きじゃないのだが・・・
マット・ディロンは「ワイルド・シングス」や「アウトサイダー」などに出演。こっちのほうがハンサムな気がする。

イン&アウト (1997)
IN & OUT
監督:フランク・オズ
出演:ケヴィン・クライン、ジョーン・キューザック、マット・ディロン

このイン&アウトに出てくるマット・ディロンは、騒動を起こす張本人なわけだ。
突然浮上した「ゲイ疑惑」が巻き起こすコメディーなのだが、実際に観ると少し期待はずれだった。
予告編がすごく面白かったんだけど、予告編の内容が映画の笑いのツボを全て出してしまったために何となく熱中できなかった。

そういえば「シルベスタローン」にもゲイ疑惑なかったっけ?

   ゲイに間違われた教師の騒動を描いたコメディである。同性愛者の問題を抱腹絶倒の喜劇にからませており、まじめであればあるほど笑いがこみあげてしまう。
   主人公を演じるのは、コメディ、シリアスなんでもこなす万能俳優、ケヴィン・クライン。必死にノーマルだと主張するが、から回りの連続。その姿がなんとも滑稽で、思わず「さすが!」とうなってしまう。彼の婚約者役ジョーン・キューザックは、結婚のために34キロも減量したという、涙ぐましくもおかしいキャラクターを巧みに演じている。厄災の元凶である元教え子のムービースターとして、マット・ディロンが出演している。髪は金髪、恋人はモデルと、実在の2枚目俳優を思わせる役作りに注目したい。(尾崎麻衣子)
by AffiliSearch

« STING AT THE MOVIES | トップページ | 悪vs悪 »

コメント

どこでどんな風に作られたのか調べて誰かに話したくなってしまいます 素材は全てヴィンテージ加工され、縫製後に更に手を加えて独特の風合いを加える。
特徴は、ヴィンテージ感覚のデザインで、レトロ、ポップなどさまざまな要素をミックスさせたコレクション。
二人は、50年代から80年代のヴィンテージフレームにインスパイアされた、スタイリッシュなアイウェアを作ることを思いつく。
高校時代の友人2人が理想の時計を目指して立ち上げました。
創業年=1992年 / 創業者=ブルーノ・ベラミッシュ,カルロス・A・ロシロ / 創業地=フランス・パリ:工業デザイナーのブルーノ・ベラミッシュと、銀行など経営畑でキャリアを積んだカルロス・A・ロシロが、自分たちの理想の時計を目指してパリで創業。
商談が成立すると最短30分で買取業者提携の物流業者が引き取り可能で、当日マクサス配送、検品出来次第即日入金と、買取から査定までかなり手軽にスピーディに行われる。
文字盤、ラバーとカーキ色で統一されておりミリタリーテイスト溢れるモデルです。
以下、価格コムよりジャックロードの販売における口コミ評判で、評価がよかったものです。
また、テロ 等様々な社会的問題が増える中で、軍用時計を得意としてきた同社であれば、顧客の防犯や危機を救う面から企画を立ち上げると人気モデルを作りやすい良い着眼点となると思う。
古き良き時代を感じさせる腕時計のコレクションとして人気が高く、非常にオススメの逸品腕時計なのです。
古い素材をリサイクルすることが多く、アンティークやヴィンテージを多用する。
ーをデザイナーに起用して、ブランドの若返りをはかる。
高級レザーグッズを中心にウェアも展開している。
売れる品数が豊富な総合リサイクルショップで、高級ブランド時計も買取可能となっています。
本格的な機能と独自のセンスの融合した製品には定評がある。
ジャックロードで時計を売る場合、店頭買取と宅配買取の2つの方法があります。
エアリユースでは各ジャンルに関した適切な売却ルートを確保し、最新の相場での売却または販売をすることにより、お客様の商品を最も高く売れる方法を選出し査定いたします。
とはいえ呼び方や製造方法は違えど全てウィスキーです。
ヨーロッパでリーバイス「シルバータブ」が発売される。
時代の流れとともに徐々にブランドは衰退、90年代以降生き残ることはできなかった。

スーパーコピーウブロ時計 https://www.cocolv8.com/watch/menu-pid-247.html

投稿: スーパーコピーウブロ時計 | 2020.07.01 18:52

ゴールデン・ラズベリー賞の常連、スタローン。
勢い余って「20世紀最低男優賞」まで取ってしまった。

愛されているんですね、彼って。

投稿: Dobby | 2004.04.06 15:10

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シルベスタローン:

« STING AT THE MOVIES | トップページ | 悪vs悪 »