« 8940 | トップページ | 鵺の鳴く夜は恐ろしい »

旅行幹事

数年前、マイクロバスをレンタルして旅行したとき、バスのTVで幹事がビデオ上映してくれた。
その映画は「スピード」!「おいおい、選択が面白すぎるぞっ!」ってツッコミを入れたが、他に気づいた人はいなかったみたい。そもそも「スピード」を観たことがない人が結構いた。この映画、ヒットしなかったっけ?

スピード (1994)
SPEED
監督: ヤン・デ・ボン
出演: キアヌ・リーヴス、デニス・ホッパー、サンドラ・ブロック

それから旅行の幹事が自分に来ることになった。さて、空いた時間にビデオ上映しようかと思うのだが、自分の趣味を押し付けるわけにもいかない。基本的にSF、ホラー、B級映画、マイナー映画系を好む人間にビデオ選択させることが間違っている。
数本レンタルするのだが、車酔いのことも考えて洋画なら吹き替え版、さらに難しい映画は候補から外すべきであろう。野郎ばかりなのでロマンス系を観ることはないだろうし・・・。

そういえばバスに関する映画って何があったっけと考えると・・・
・「となりのトトロ」・・・ねこバス、そしてバス停のシーンが多い。
・「ダーティハリー」・・・バスを占拠する犯人
・「ガントレット」・・・バスを改造して特攻!
・「この森で、天使はバスを降りた」・・・タイトルにバス。実は観たことなし。

あれ?数本しか思いつかない(^_^;)

   ビルのエレベーターを爆破した男が、ロサンゼルス市警のSWAT隊員であるジャックに挑んできた。時速80キロ以下になると爆発する爆薬をバスに仕掛けたというのだ。ジャックはバスにとび乗ったが…。
   キアヌ・リーブスがSWAT隊員のジャックに扮し、スリル感満点ののノンストップアクションを展開する。重傷を負った運転手に代わって、免許停止中にもかかわらず大型バスのハンドルを握る。この見かけとは逆の強い女を演じるのは、サンドラ・ブロックだ。そして執ような爆破犯には、嫌な男を演じさせたら天下一品のデニス・ホッパーが扮している。監督は、これが第1作目のヤン・デ・ボン。撮影監督時代の流麗なカメラワークを生かし、文字どおり息をつかせぬ緊張感あふれる傑作を作りだした。(アルジオン北村)
by AffiliSearch


« 8940 | トップページ | 鵺の鳴く夜は恐ろしい »

コメント

バス旅行に行った時、バスガイドのお姉さんが
複数のビデオを提示して、1本選べと言う。
多数決で「釣りバカ日誌5」に決まる。
しばらく歌を歌ったりしたあと「では、そろそろ」
とビデオの上映を始める。

映画が終わるのと同時に、バスが目的地に着いた。
プロの技を見た思いがした。

投稿: Dobby | 2004.06.02 19:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5760/691146

この記事へのトラックバック一覧です: 旅行幹事:

« 8940 | トップページ | 鵺の鳴く夜は恐ろしい »