« 地震雲 | トップページ | 日本公開版 »

中国という国

以下の文は自己満足の文章であり、不快な文章が出てくるので読み飛ばしましょう。

日本の「常任理事国入り」の話から始まって、尖閣諸島問題、靖国問題、教科書問題、ガス田問題などをさらに上乗せし、デモ(暴動か?)が続く中国。
中国国民が全員暴れているわけではないし、別にデモを悪く言うつもりはない。自分が腹が立つのは中国政府の対応だ。大使館の何もしない警備と、「日本が悪い」と決め付けるだけで破壊に対する謝罪をしない中国外相。

どんな理由があれ破壊活動を黙認することは許されないんじゃないのか?五輪開催国として最悪だ。
中国側が常任理事国をやめてほしいよ
(毒舌御免)。

今回の件で中国から日本企業が全て撤退したとしてもそれはもう仕方ないだろう。中国政府が日本を嫌っているのだから無理して働くことはない。政府が暴動を見て見ぬフリをしている国は危険すぎる。
日本製品をボイコット?コピー大国が何を言ってるんだ(毒舌御免)。
ただ国際社会から見て今回の騒動は中国にすごいマイナス効果があると思うけどね。

そもそも反日教育をされている中国は、日本には「戦争放棄」という憲法があることを知っているのかな。日本は戦時中に酷いことをしたし、酷いことをされた。だから日本全体が終戦後に生まれ変わって現在のような社会になった。それに対して中国が何も変わらないのであれば友好関係なんて築けるわけがない。

日本が「常任理事国入り」を目指すことなんて特に真面目に考えることなんてなかったけど、ここまで盛り上がってしまったのなら、もう「常任理事国入り」をやってしまえばいいんじゃないかと思う。ここで「やっぱりやめます」なんていったら、日本がさらになめられるような気がする(個人的意見)。

日本でも中国に関係ある建物にパチンコ玉を打ち込んだり、カミソリを送りつけていたりするような一部のアホが存在する。この陰険さにはガッカリだ。

南京1937 (1995)
南京1937
監督:ウー・ツーニウ
出演:早乙女愛、チン・ハン、リュウ・ノー・イン

南京大虐殺を題材にした映画らしい。実はまだ観た事がない。ここまで自分はエラソウな事を書いているけど戦争を知らない自分が歴史問題に対して文句なんて言う資格なんて無いんだよね。自分の知らない歴史なんだから・・・・
でも暴動を起こしていいことはありえないだろ。



« 地震雲 | トップページ | 日本公開版 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5760/3820695

この記事へのトラックバック一覧です: 中国という国:

« 地震雲 | トップページ | 日本公開版 »