« ぼくが映画審判を更新しない理由 | トップページ | かばんの中身 »

blog化へ

実は消滅した「映画審判リニューアル版」は、CGI(掲示板に使うようなやつね)にデータを渡して、htmlを自動生成させるというものだった。ただ各ページのリンクなどもデータに準備しなくてはならなかったので結構面倒だったのだ。そして致命的なのは表示が遅いということ。
自分の理想としてはブロードバンドユーザーも56Kモデムユーザーもストレス無く閲覧可能ということなのだ。たぶん多くの人が気にしないことだと思うけど、「裏・映画審判」でトップページに記事をひとつしか表示させないのは、表示が少しでも早いんじゃないかということなのだ。

そんな中、ブログ形式のサイトが非常に多くなった。更新が楽ということで、すごい沢山のブログサイトが生まれ、そして更新停滞になっていった(T_T)。日記形式のサイトが多い中、実は映画審判をブログ化しようと思ってる。思っているだけなのが悲しいところだが。

blog化のメリット
・更新が簡単 (簡単とは言っても表を書いたり色をつけたりする時には、ちょっと知識が必要)
・「更新履歴」を作る手間が省ける。
・各記事にリンクがはれるの。他のサイトで引用に使うことも可。
・各記事にコメントをつけることができる (まあコメントを許可するかどうかは微妙だが)

じゃあ勝手にblog化しろよ、と思うのだがちょっと自分の中で疑問があるのだ。

現在の映画審判の流れは・・・
あ行 → あ~おの映画リストが現れる → 映画をクリックして感想を読む

これをblog化すると・・・
あ行のカテゴリ → あ~おの映画リストが現れる → 映画をクリックして感想を読む
映画リストのページは「あ行のカテゴリー」でひとつ作り、感想のページは「カテゴリー未設定」でひとつ作るということなのだろうか?
そしてこの作り方は・・・今までのやりかたと何も変わっていないということだ。楽をしたいのにさ(T_T)
まあ非公開で実験をしていくしかないな。そしてサンプルを探しまくってみるか。

ところで、このblog系のサイトが乱立する中で個人的に怒れることがある。日記系に多いんだけど、「今日は何も無かった。だから寝る。」とか「今日は何も書くことがないな」とか。だったら無理して更新するなよと言いたいね。たったそれだけの文章であっても訪問者がいるのだから。

復活の日 (1980)
監督:深作欣二
出演:草刈正雄、渡瀬恒彦、夏木勲

映画審判復活と「復活」をかけているだけ・・・。この映画、レンタル屋に残ってるかな・・・

by AffiliSearch


« ぼくが映画審判を更新しない理由 | トップページ | かばんの中身 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5760/4405464

この記事へのトラックバック一覧です: blog化へ:

« ぼくが映画審判を更新しない理由 | トップページ | かばんの中身 »