« 超能力 | トップページ | 電器屋 »

配信の日々

自分がよく訪れるサイトが配信型のインターネットラジオをスタートした。正確にはラジオではなくポッドキャストっていうサービス。MP3で保存できるので都合のいい時間に聞くことができる。本格的にジングルがあったり、番組開始と終了にBGMがあったりして何となく新鮮。たしかに言葉のしゃべり方はプロには及ばないけど面白い試みだと思った。

インターネットラジオ
・基本はラジオなので特定の時間に放送される
・著作権に関する曲は配信側で代金を負担することで実現するが全てがOKではない
ポッドキャスト
・MP3配信なので都合のいい時間に聞くことができる
・iPodなどに簡単に取り込める
・著作権フリーのものしか音楽は使えない
二つの違いはこんな感じかな。間違いがあったら指摘してほしい。

自分がよく聞くポッドキャスト番組は、複数の人間が話をするタイプ。うまく説明できるかわからないけど・・・
・A、B、C、Dの4人が、それぞれのPCとインターネットを使って「声のチャット」をする。
たぶんSkype(パソコンなどで使うインターネット電話ソフト)だと思う。
・つまり4人は、ある時間にある場所へ集まるというわけではなくて、それぞれの家でPCを前に会話している。
・それらの会話がひとりのPCに録音され、編集作業してWeb上へアップする。
こんな感じ。
それをMP3で聞くと、人が集まってないのに擬似的に一緒の部屋で会話しているように聞こえるのだ。でも一緒の部屋にいないからハプニングも起こる。それがまた面白かったりする。例えば、「じゃあ右から順番に話して」「誰から話すんだよ!」みたいな。

多人数が一斉に参加できるチャット。映画審判開設当初はよく参加してたっけ。
「映画審判は、ある映画をテーマにチャットして、その内容をサイトに発表するようにすれば?」という意見もあったしそれを実現しようかと思ったこともあった。そもそも陪審員っていうのは討論してナンボのものなのだから「映画審判」自体がやってることが違うのだ。本来はチャットで結論出すべきなんだけど。

そこで今回のポッドキャスト。「これだ!!」って思った。これを「映画審判」の目玉にしてみよう!
・声のチャットならキーの入力スピードは関係ない。
・例えば10分だけ討論、ってルールを決めたらダラダラと時間を浪費しない。
・MP3などで聞くことができれば、通勤通学のお供にも使える。

しかしすぐその考えを取り消した。俺って話下手じゃん・・・

グッドモーニング,ベトナム (1987)
GOOD MORNING, VIETNAM
監督:バリー・レヴィンソン
出演:ロビン・ウィリアムズ、フォレスト・ウィッテカー、チンタラー・スカパット

米軍放送のDJが軽快なトークで語るちょっと珍しいベトナム戦争映画。字幕と吹替が悩むねこの映画。

   1965年、ベトナム戦争下のサイゴンに、兵士の士気高揚のためアメリカ本国から米軍放送のDJクロンナウアー一等兵(ロビン・ウィリアムス)が呼び寄せられた。型破りな彼の放送に軍のお偉方たちは仰天するも、兵士たちの評判はすこぶる良好で……。
   バリー・レヴィンソン監督が、戦場には欠かせないラジオ放送を題材にしつつ、戦争批判を盛り込んだヒューマンドラマの秀作。ラジオというアイテムを用いて、軍の上層部と戦場の兵士たちとの隔たりを知らす構造になっているあたりも秀逸だ。ロビンのマシンガン毒舌トークが遺憾なく発揮されているのは言うまでもなく、また主人公のある種の理想主義が、あくまでもアメリカの側から捉えた正義でしかないという点をきちんと押さえているあたりも興味深い。(的田也寸志)
by AffiliSearch


« 超能力 | トップページ | 電器屋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5760/5524878

この記事へのトラックバック一覧です: 配信の日々:

« 超能力 | トップページ | 電器屋 »