« 原爆をネタにする国 | トップページ | ボクシング »

付録

万年筆というものに興味を持ち始めたわけだが、それと連動して「Lapita (ラピタ)」という雑誌の存在を知る。まあ「大人のMONOマガジン」みたいなものなのだけど、来月発売される6月号に「赤と黒」というミニ万年筆が付録につくらしい。980円で本物の万年筆がつくなんてすごくない?インクが途切れにくいようペン芯を改良したというこだわりもあるし。

買うぞ!いっそ2冊買うぞ!いや保存用と自宅用と会社用とプレゼント用と・・・

最大の問題はこの雑誌を書店で見たことがない。そもそもマイナーな雑誌(失礼)なので入荷数が少ないかも。ま、入荷数が少ないだろうと予測して実は予約してしまったわけだけど。この雑誌には失礼かもしれないけどあきらかに付録しか興味がないな・・・

どうもこういう「付録付き雑誌」というものは重版されないらしい。前回Lapitaは「ミニ檸檬」という万年筆を付録につけたらしいけど、もう手に入らないためにヤフオクで高値売買されてる。そりゃ重版しないわな。付録も同時に生産しなきゃならないんだから。万年筆ファンがこれから増えるためにも、どんどん付録付きを販売してほしいねえ。

その前に万年筆を自分自身が使いこなせよっと。
万年筆のメンテナンスが好きな自分になれよっと。

赤と黒 (1954)
LE ROUGE EY LE NOIR
監督:クロード・オータン=ララ
出演:ジェラール・フィリップ、ダニエル・ダリュー、アントネッラ・ルアルディ

まあ「赤と黒」繋がりということでこの映画を紹介。あいかわらず観たことなし!

スタンダールの名作文学を、永遠の美男子ジェラール・フィリップ主演で映画化したクロード・オータン・ララ監督作品。舞台は1820年代のフランス、ナポレオンの影響を受けて立身出世の野心に燃え、上流社会に出入りするようになった下層階級の青年ジュリアン(G・フィリップ)は、レナール夫人(ダニエル・ダリュー)に愛されながらも貴族令嬢マチルド(アントネッラ・ルアルディ)を誘惑したことから、やがて挫折の道をたどることに。
赤とは軍人、黒とは僧侶、ともに当時の出世コースを示す色である。総天然色という言葉がぴったりくる鮮やかな色彩を駆使して、貴族社会に反発しながらも出世を夢見る主人公の矛盾が、格調と深みをもって繰り広げられていく文芸超大作である。(的田也寸志)
by AffiliSearch


« 原爆をネタにする国 | トップページ | ボクシング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5760/9758308

この記事へのトラックバック一覧です: 付録:

« 原爆をネタにする国 | トップページ | ボクシング »