« ボクシング | トップページ | ニワトリとタマゴ »

販売戦略

学生時代はテクノ系を好んで聞いていた。その代表はYMOことYellow Magic Orchestra。細野晴臣、高橋幸宏、坂本龍一の3人の「変なオジサン達」だ。

オフィシャルサイトらしきものを発見。
Flashが動くだけのサイトだけど文章の内容からして本人達のメッセージなんじゃないかな。Flashを見ることができない人のために文章で説明すると・・・過去の作品が本人達の意図していない形で発表されてごめんね・・・というもの(かなり省略してます)。

たぶん「YMO」のベストアルバムやBOXが毎年発売されていることを指しているんでしょうな。ファンなら買う必要が無い代物なのだが、アルバム未収録音源などが発掘されて1曲だけ収録されていたらファンは飛びついてしまうのだ。その1曲のためにね。自分は買う予定はないけどひどい商売と思えてならない。アルファレコード、東芝EMI、そしてソニーレコードへ販売の権利はうつっているのだけど、BOXの内容がまたひどいのよ(^_^;)。まあソニーとしたら「YMOは金になる!」と思って契約したのだから、売れてもらわなき困るのでしょうな。
どうもYMOの権利は既に恐ろしい金額に達しているらしくて、本人たちは買い戻すことはできないという話は聞いたことがある。昔のアーティストはレコード会社に出資してもらって初めてレコーディングなどができたそうな。しかもYMOは当時からシンセなどを多用していたものだから、当時でもすごい額だったんじゃないかな。

ここからは自分の想像だが、YMOは海外ツアーなどもやっていたから眠っている曲はまだ存在すると思うね。レコード会社が既に抑えているかも。そしてまた「限定BOX」に1曲だけ入れて販売するという作戦。「あと10年は戦える!」ってことだ。

YMOの活動時期というのは1978~1983。既に解散して20年以上も経過しているわけだが、さすがに「今の時代に聞いても新鮮だ・・・」とは思えない。やっぱり古いよねぇ。一応オリジナルアルバムと呼ばれるものは全部所有しているのだけどその中でもお気に入りを挙げておく。これはあくまでも自分の趣味ね。

「増殖」 - X∞Multiplies
スネークマンショーとのコラボ。大平首相をパロったネタは、今となってはわからない人が多いでしょうなぁ。このアルバム以降、YMOはちょっとマニア向けの音楽へ変化していく。

1.JUNGLE "YMO"
2.NICE AGE
3.SNAKEMAN SHOW
4.TIGHTEN UP (JAPANESE GENTLEMEN STAND UP PLEASE)
5.SNAKEMAN SHOW
6.HERE WE GO AGAIN ~TIGHTEN UP
7.SNAKEMAN SHOW
8.CITIZENS OF SCIENCE
9.SNAKEMAN SHOW
10.MULTIPLIES
11.SNAKEMAN SHOW
12.THE END OF ASIA


「BGM」
この中で売れそうな曲といえば「千のナイフ」くらいか(笑)。全編なんとなく重い曲が多いけど、タイトルどおりBGMとして流すのがいいかと。お気に入りは「ユーティー」。ひたすら続くリズムが好き。

1.バレエ
2.ミュージック・プランズ
3.ラップ現象
4.ハッピーエンド
5.千のナイフ
6.キュー
7.U.T.
8.カムフラージュ
9.マス
10.LOOM

by AffiliSearch

続いてソロ作品を挙げておく。まあ一般受けするかは別で個人的ベストアルバム。

この3人の中で一番聞きやすいと思うのは「高橋幸宏」かな。YMOのヒット曲「ライディーン」も高橋の作曲だし。歌に関してはそんなに上手とは思えないのだがなんとなく癒し系の声なんだ。

「ニウロマンティック ロマン神経症」
YMOのアルバム「BGM」と雰囲気が似ている・・・気がする。まあメインは「ドリップ・ドライ・アイズ」かもしれないけど個人的には「ガラス」か。ギターソロがイカス!

1.ガラス
2.大いなる希望
3.コネクション
4.神経質な赤いバラ
5.非・凡
6.ドリップ・ドライ・アイズ
7.カーテン
8.チャージ
9.予感

「はらいそ」
夏と言えば、サザンでもTUBEでもなく細野氏の「はらいそ」さ。全編トロピカルムード漂うアルバム。
「この次はモアベターよ」というセリフは印象的だった。

1.東京ラッシュ
2.四面道歌
3.ジャパニーズ・ルンバ
4.安里屋ユンタ
5.フジヤマ・ママ
6.ファム・ファタール ~ 妖婦
7.シャンバラ通信
8.ウォーリ・ビーズ
9.はらいそ


「音楽図鑑」
坂本氏は今となっては「映画音楽の巨匠」のような扱いにまでなってしまったけど、昔のアルバムのファンって多いんだよね。「B-2 UNIT」とか「未来派野郎」とか。
「セルフ・ポートレイト」が明るい感じで好きなので名盤決定!(いや、他にもいい曲あるよ)

1.チベタン・ダンス
2.エチュード
3.パラダイス・ロスト
4.セルフ・ポートレイト
5.旅の極北
6.M.A.Y.イン・ザ・バックヤード
7.羽の林で
8.森の人
9.ア・トリビュート・トゥ・N.J.P.
10.レプリカ
11.マ・メール・ロワ
12.きみについて
13.チベタン・ダンス

by AffiliSearch

最後に映画をひとつ。
これ一応ドキュメンタリー映画らしいけど、ライヴやプロモとイメージの映像を交えた作品らしい。まだ観たことは無いけど、まあYMOファン以外は見ても意味がない作品でしょうねえ。

PROPAGANDA (1984)
監督:佐藤信
出演:細野晴臣、高橋幸宏、坂本龍一

by AffiliSearch


« ボクシング | トップページ | ニワトリとタマゴ »

コメント

バブルのころというか、平成初期まではとにかくリアルな音源が流行して、より自然な音っていうか生楽器に近い音なんていうのをメーカで競っていたのではないかと記憶しています。 最近ではFM音源など、より電子的な音がビンテージサウンドとしてもてはやされている気がします。 ゲームサウンドにもリアルな音が使われる中、若い人たちが古いシンセサイザの音を聴くと新鮮に感じるのでしょうか? それともテクノにおいてもポップス界のように懐メロを重宝しなければならないほど飽和状態になっているのでしょうか?

投稿: むにゅん | 2006.05.16 23:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5760/10098311

この記事へのトラックバック一覧です: 販売戦略:

» アロマで癒しとリラックス [アロマで癒しとリラックス]
TB受け入れありがとうございます。アロマで癒しとリラックスをテーマのブログです。作ったばかりのブログですが、これから充実させていきたいと思いますのでよろしくお願いします。 [続きを読む]

受信: 2006.05.20 15:44

» 魅力的な出品タイトル [ヤフオクで人生を劇的に変えるレッスン100]
入札希望者が思わずクリックして入札せずにはいられないノウハウを知りたい方は・・・ [続きを読む]

受信: 2006.06.04 20:14

« ボクシング | トップページ | ニワトリとタマゴ »