« 煙が目にしみる | トップページ | わが青春のTVドラマ »

平和ボケ(再掲)

「平和ボケ」の記事を非公開にしました。内容は「北朝鮮」のミサイルに関するものです。

・記事のリンク先、それに対する個人のコメントなどが、偶然とはいえソックリな記事を発見した。
・時間的にどう考えても自分がパクったと思われてもおかしくない。

というわけで非公開にしました。
以下の文は特に問題がない(?)と判断したものです。

------------------------------------------------
また撃たれたよ。「日本は何もしない」とナメられてるわコリャ。

今そこにある危機 (1994)
CLEAR AND PRESENT DANGER
監督:フィリップ・ノイス
出演:ハリソン・フォード、ウィレム・デフォー、アン・アーチャー

この映画の内容と今回の事件には全く関係ないけど、この映画のタイトルが今の日本なんだってばよ。

『レッド・オクトーバーを追え!』『パトリオット・ゲーム』に続く、トム・クランシー原作の「ジャック・ライアン」シリーズの映画化第3弾である。
CIA副長官代行を任命されたライアンは、大統領が指示した南米の麻薬カルテル撲滅のために調査を開始したが、そこには大きな陰謀が隠されていた。ハリソン・フォードのライアン役は前作からだが、よりアクションに力が入っている。さらに、誰よりも家族を大切にする、ライアンのキャラクター性も強調されている。
監督は前作同様、サスペンスアクションには定評のあるフィリップ・ノイスが務めている。(伊藤文恵)
by AffiliSearch


« 煙が目にしみる | トップページ | わが青春のTVドラマ »

コメント

「今そこにある危機」
11年前に神戸を襲った大震災。
倒壊家屋を避けながら、バイクを駆って
三宮の街を走っていたとき、亀裂が走って
崩れかけた「神戸国際松竹」のビルの壁面に
この映画のデカイ看板がかかっていたのを思い出した。
いや「もうここにある危機」だよ、と一人つぶやいたっけ。

投稿: MP | 2006.07.14 14:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5760/10867306

この記事へのトラックバック一覧です: 平和ボケ(再掲):

» 英語留学【フィリピン移住@情報銀行】 [【フィリピン移住@情報銀行】]
こんにちわ!いつも楽しく拝見させていただいてます。フィリピン移住希望のパランカです。これからもチョクチョク寄らせていただきますので、よろしくおねがいします。 [続きを読む]

受信: 2006.07.11 04:18

« 煙が目にしみる | トップページ | わが青春のTVドラマ »