« ママ | トップページ | TVを買う »

原作者vs製作者

原作者からも「ゲド戦記」はお怒りを受けているようで・・・

翻訳文
この、原作に対するのみならず、原作の読者らに対する敬意のなさには驚くばかりです。

自分はまだ鑑賞していないし原作自体もよく知らないわけだけど、この翻訳文を読む限り、宮崎駿にも問題があるなあ。もちろん息子は大問題なのだが。

この映画に関しては、試写会の段階でケチョンケチョン(死語)にけなされていたっけ。記憶が曖昧なのだがたしか「セリフに頼りすぎてる」って意見も多かった気がする。でもちょっと待て。そもそも原作ありの物語の映画化ってどうしても説明臭くなるよね。それは脚本家の力にも関係するけど。文章であれば説明文をさらりと挿入することができるけど、映画化した場合は会話などに組み込んだりしないと視聴者にはわからないんだから。まあ説明が足りないまま話を進めてエンディングっていう「ハウルの動く城」っていう映画もあるのだが。

作者の方がこのサイトを見るわけないと思うけど・・・
「ゲド戦記」の原作が注目されるってことにジブリが貢献したぞってことでいいですか?

まあ当事者にとっては悲しいことなんだろうね。「原作と映画は別物」ってわかっていても名前はクレジットに表示されるわけだし。もしかして映画自体が面白かったら文句は言われなかったか?

デビルマン (2004)
DEVILMAN
監督:那須博之
出演:伊崎央登、伊崎右典、酒井彩名

ええと・・・この映画に関してはですね、永井豪も怒っていいと思いますよ。亡くなった監督を悪く言うのも気が引けるけど、面白くないんだってば。

by AffiliSearch


« ママ | トップページ | TVを買う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5760/11479240

この記事へのトラックバック一覧です: 原作者vs製作者:

» 映画好きの徒然なるままに [映画好きの映画好きによる映画好きのための...]
今まで見た映画やレンタルのちょっと辛口?な、勝手な感想を聞いてやってください。価値観や環境が違っていても、映画を通じて多くの人と共感しあえたらと思います。感想も書き込んでいってね。 [続きを読む]

受信: 2006.08.17 20:43

» あの有名広告媒体の、先行告知期間がスタートしました。 [今なら3分で無料副収入の道が作れます]
はじめまして、楽しく拝見させて頂きありがとうございます。このたび、ブログに関するサイトを作りましたので、トラックバックをさせて頂きました。貴ブロックの訪問者にも非常に役立つ情報だと思っております。ぜひご訪問頂ければ幸いです。万一ご不要でしたら、お手数ですが削除ください。失礼致しました。... [続きを読む]

受信: 2006.09.03 21:00

« ママ | トップページ | TVを買う »