« 給食と弁当 | トップページ | 地デジ »

魔女のパン

小さい頃に朗読劇のようなもので聞いた物語。すごい記憶が曖昧なのだが・・・

いつも黒パンを買っていく若者。店の女性が貧乏なのかしらとこっそりとバターを入れる。
怒り狂った若者。実は黒パンは消しゴムのような使い方をしていたのだ。

タイトルも忘れた話だったけど、短編なのにすごく印象が強い物語だった。

それから月日は流れ・・・偶然その話のことを書いてある記事をみつけた。そのページには「画家の若者」と書いてあった。画家だって?そうだったっけ?気になったので調べてみる。Googleって本当に便利だ。そして見つけた!

魔女のパン

まずタイトルにびっくりだ。「魔女のパン」なんて想像もつかないタイトルだ。
そしていろいろ細かな部分が自分の記憶と違っていたんだなと勉強になった。まあ脚色してたのかもしれないけれど・・・。

・・・・で、この話は結局、「小さな親切、大きなお世話」 を言いたかったのかね?

魔女の宅急便 (1989)
監督:宮崎駿
声の出演:高山みなみ、佐久間レイ、戸田恵子

そういえばこの映画の魔女、キキもパン屋で働いていたがこれは偶然なのか?
「魔女のパン」とひっかけてあるのか?

   1989年の宮崎駿監督による劇場用長編アニメーション作品。13歳になり、魔女の修業のために黒猫ジジとともに街を出る少女キキ。新たに住まいとして選んだ街で配達屋として暮らす中で、居候先のパン屋のオソノさん、空を飛ぶことにあこがれる少年トンボなど、さまざまな人との出会いをとおし、落ち込んだりしながらも魔女として、人として成長していく姿を描く。

   修業に旅立つところから物語が始まるのだが、そのやや長めの場面で早速こちらを映画に引き込ませる。そしてほうきで飛び立ちスイッチを入れたラジオから荒井由実の「ルージュの伝言」が流れ、やっとタイトルが現れる。そのタイミングの見事さ。物語も演出も細部に至るまで実に丁寧に作られており、何度も繰り返し観たい作品になっている。(田中 元)

by AffiliSearch


« 給食と弁当 | トップページ | 地デジ »

コメント

「O・ヘンリー短編集」(新潮文庫だったかな?)は子供の頃の愛読書だったので、すぐピンと来ましたよ。
もう著作権も切れているんですね。

映画のDVDなどは、著作権が切れている作品は食玩のオマケになったりする時代です。

投稿: MP | 2006.10.04 23:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5760/12132985

この記事へのトラックバック一覧です: 魔女のパン:

« 給食と弁当 | トップページ | 地デジ »