« ジーンズ | トップページ | 魔女のパン »

給食と弁当

給食費払わぬ親たち お金あっても「頼んだ覚えない」

家計にゆとりがあるのに給食費を払わない保護者が増えている。あまりの悪質ぶりに、法的措置を取る自治体が相次ぐ。未納分を学校側が立て替えたり、給食の質や量を下げて対応している事実は、教育界では“公然の秘密”。生活保護に上積みされた給食費を別の出費に流用する保護者もいるほどで、きちんと払っている保護者や教職員たちから非難の声が上がっている。

各自治体は、徴収員の配置やプリペイド方式の採用など“あの手この手”で踏み倒し防止に躍起だが、滞納する保護者の多くが「義務教育だから払いたくない」の一点張り。なかには「給食を出せと頼んだ覚えはない!」「給食を止められるものなら止めてみろ!」などとすごむ保護者もいるという。

この記事によると、給食費の相場は小学校(低学年)で月3900円、中学校で月4500円(文科省発表の全国平均)らしい。
給食費を払わない親の考え方には全く賛同できないな。学校側が未払いの子供だけ給食を出さないってことができないってことをわかってるんだろうな。給食費を払ってないってことは食い逃げなんだから処罰できないのかな?
そもそも、給食がなくなった方が親の負担絶対増えるはず。弁当作るにしても大変だし、市販の弁当を持たせるにしても、絶対に給食より高くつくはずなんだ。
それにみんなと同じ物を食べるってことは教育にもいいと思う。例えば自分の息子は、家では泣きながら「茄子は嫌いだー」なんて言ってるけど、保育園のお昼に茄子が出ると文句もいわずに食べているらしい。つまり「友達みんなと一緒だから食べられる」ってこと。

給食は絶対に残して欲しい。ここからは自分の体験した悲しい過去・・・。

時は小学生の頃。母親が入院していた時期があった。だから朝昼晩のおかずを祖母が作っていた。そして迎えた運動会。普段は給食なのだがこういうイベントの時は弁当持参だった(今の時代はどうなってるかは知らないが)。
運動会の朝。祖母から弁当が渡された。その時「おばあちゃん、たいした物が作れないからゴメンね」と言われた。
運動会の昼。弁当を開けて我が目を疑った。おかずは卵焼きのみ。あとは真っ白なご飯だった。みんな俺の弁当を見て、ウインナーあげるとか言ってきたけど全て断った。大急ぎで食べてトイレに逃げてった。たぶん泣いてたかも。
もう祖母に対して怒りをぶつけようと帰ってきたら、すぐ祖母が駆け寄ってきて「おばあちゃん、たいした物が作れないからゴメンね」って泣いて謝るので、もう怒りなんて無くなってた。「平気だよ!」って言ったと思う。
最近、祖母が昔のことばかり話すようになってきたけど、時々そのことを話してくれる。祖母と自分にとってはすごく印象の強い一日だった。
・・・・やべっ。この文章を書きながら泣きそうになってきたわ。

まあ何が言いたいかってことは、給食は金持ちも貧乏も平等に同じ物を食べれるってことで幸せなんだ。
各家庭にはいろいろと事情がある。共働きの家や母子家庭の家もある。そういう家庭にとっても給食というシステムはありがたいものなのさ。

贅沢な骨 (2001)
監督:行定勲
出演:麻生久美子、つぐみ、永瀬正敏

弁当、弁当・・・って考えて思いついたのがこの映画。ハンバーグ弁当を食べるシーンが印象的。
やっぱり弁当の王様はハンバーグ弁当だよな!

by AffiliSearch


« ジーンズ | トップページ | 魔女のパン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5760/12123380

この記事へのトラックバック一覧です: 給食と弁当:

» 初心者でも簡単確実に。 [月に40%の利益率!究極のデイトレ法!]
へえーこんなふうにやるんだ!これが勝ってる人のデイトレのやり方なんだ! デイトレ初心者のわたしにも臨場感がにじみでているのでじわじわととらのすけさんのトレードが染み入って来るように伝わってきました。 [続きを読む]

受信: 2006.10.02 23:11

« ジーンズ | トップページ | 魔女のパン »