« 地デジ | トップページ | 脈あり »

怒り

亀田兄貴が初防衛戦を延期。ヘッドギアをつけてるにも関わらず左眼の上を負傷したらしい。本人は「ランダエタなんて敵じゃない」なんて豪語してたのにな。だったら試合やれよ。逃げたと思われても仕方ないじゃん。こんなこと許されたら「調整に遅れてるから延期して」も通じるんじゃないのか?

予算300億をかけて検索エンジンを作ろう!なんてアホなことを考える経産省。どういう見積で300億という予算が生まれたんだ?税金をこんなことに使って何か得をするのか?こんな金があれば学校へのパソコン普及などもっと使い道があるんじゃないのか?国が管理するってわかっている検索エンジンを誰が使うというのか。
興味ある方は「日の丸検索エンジン」をGoogleで検索してみよう。

どっかの目立ちたがりの国が核実験を行ったりしたわけだが、これって世界の規模からしたらどのくらいのニュースなんだろうか?日本や韓国にとっては大ニュースなわけだが、世界規模で考えたらどうでもいい国なんだよなこの独裁国は。軍事を充実させてさらに支援をもらおうなんて都合のいいこと考えている国に、はやいとこガツンと制裁すればいいじゃんって素人的な発言をしてみる。

ランボー/怒りの脱出 (1985)
RAMBO: FIRST BLOOD PART II
監督:ジョルジ・パン・コスマトス
出演:シルヴェスター・スタローン、リチャード・クレンナ、チャールズ・ネイピア

この副題「怒りの脱出」って意味がよくわからないのは私だけか。「怒って脱出する」ってこと?少なくとも「怒りからの脱出」ではないな。

   前作の大ヒットでシリーズ化された、シルベスター・スタローン脚本&主演のバトル・アクション第2弾。刑務所を釈放されM・I・A (戦闘中行方不明者)調査任務を背負い、ベトナムへと派遣されたランボー。ところが司令部に裏切られ、米軍、東側ゲリラ部隊、あらゆるものを敵に回すはめに。
   爆弾付き弓矢など、実戦で使用できる本物の武器類と驚異の殺傷術が続々登場。大型戦闘ヘリ同士の空中戦を白眉にランボー=スタローンは前作よりもマッチョ度を増した。ここには84年、M・I・A 問題に触れた時の合衆国大統領レーガンの、好戦的「レーガニズム」の反映も見られよう。
   共同脚本は無名時代のジェームズ・キャメロン。後半のアクションのみが採用されたというが、彼はここで出会ったマリオ・カサール製作で『ターミネーター2』を作ることになる。(轟 夕起夫)
by AffiliSearch


« 地デジ | トップページ | 脈あり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5760/12225832

この記事へのトラックバック一覧です: 怒り:

» gごおgぇ [renchat]
 米インターネット検索大手グーグルは9日、米動画投稿サイト運営の最大手ユーチューブを16億5000万ドル(約1960億円)で買収すると発表した ---------------------------------------------------------- いやぁ、ついに出ましたね・・・... [続きを読む]

受信: 2006.10.11 02:16

» 検索エンジンツール [恋愛アドバイスのすべて]
記事上げしたら、一人でも多くの人に読んでもらいたいですよね。そのためには検索エンジンで上位に表示してもらうのが、とっても大切。そのためには検索エンジンで上位されるためのキーワード選定が大事なんですよね。 [続きを読む]

受信: 2006.10.11 12:50

« 地デジ | トップページ | 脈あり »