« メジャー | トップページ | いじめ その1 »

PS3

高ぇーとか文句いわれ続けていたPlayStation3が販売開始。さっそくAmazonのマーケットプレイスやYahooオークションに転売されはじめているのだが・・・
「商品購入の権利」に8万円以上も入札している人もいる。落ち着け!8万+商品本体約6万なんだぞ!!
パニックになって商品説明をよく読んでいないんだろうねえ。恋は盲目。そもそも転売屋から買うことに疑問はないのか?

今回SONYは任天堂に対抗するために、発売日を早めて工場をフル稼働させて出荷したんだろうね。そんな急ピッチの作業で大丈夫なのか?昔からSONY製品は初期ロットは不具合があったりするわけだが・・・

ダ・ヴィンチ・コード (2006)
THE DA VINCI CODE
監督:ロン・ハワード
出演:トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、イアン・マッケラン

この映画って公開前からカトリック教会がソニー製品の不買運動をしたりして話題になったよね。
(ソニー・ピクチャーズエンタテインメントだから)

個人的な意見としては、なんかSONY製品って大丈夫なのかよってイメージがついてしまったな。バッテリーの発火騒ぎもあるし、プレステ2でも一部のゲームが遊べないとかの問題があったし。そもそもPS3はゲーム機の値段じゃないよ(高級レストランでもない)。
まあ次世代ゲーム機は買う予定がないけど、もし買うならWii(任天堂)かXBOX360だな。ソフト次第だけど。

パリのルーブル美術館で発見された館長ソニエールの死体。この事件で警察から協力を求められたバーバード大のラングドン教授だったが、じつは容疑者のひとりでもあった。死体の回りの不可解な暗号、レオナルド・ダ・ビンチの“ウィトル・ウィウス的人体図”を模したポーズの死体は謎に包まれていたが、ソニエールの孫で暗号解読官のソフィは彼が無実であることがわかっていた。そしてソフィーは死体に隠された暗号の謎を追って、ラングドンと美術館を飛び出す…。
世界的ベストセラー小説の映画化。監督は『ビューティフル・マインド』のロブ・ライナー、主演はトム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、イアン・マッケラン、ポール・ペダニーと豪華な面々。映画は小説に忠実に描かれ、衒学的な原作の持ち味を損なわない知的ミステリーに仕上がっている。ふたりが謎を追って大移動するたびに、次第にひもとかれて真相に近づいていく様子は興味深い。またフランス、イギリスでの大がかりなロケ、ルーブル美術館内部の映像など、ビジュアルにも圧倒されるはずだ。(斎藤 香)
by AffiliSearch


« メジャー | トップページ | いじめ その1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5760/12642410

この記事へのトラックバック一覧です: PS3:

» プレイステーション3(PS3)が発売 [生活のキーワード]
ゲームファンお待ちかねのプレイステーション3(通称:PS3)が本日ついに発売された。が、 [続きを読む]

受信: 2006.11.11 18:37

» PS3予約 [PS3予約]
TB失礼いたします。PS3を予約情報をアップしてきますのでもしよろしければごらんください。 [続きを読む]

受信: 2006.11.25 18:51

« メジャー | トップページ | いじめ その1 »