いじめ その1

なんか最近いじめを苦にしての自殺っていうのがニュースで目立つようになってきた。
連鎖反応というのかなこういうのって。いじめられる者にとっては自殺のニュースをみて「私も死を選ぼう!」と考えてしまうんだろうね。追い詰められているわけだから安息を選ぶということ。
よく「自殺するくらいならがんばればいいのに」みたいな意見を他のblogなどでみかけるけど、そうじゃないだろって自分は思う。「がんばれないから死を選ぶ」ってことでしょ?まあ具体的に何をがんばればいいんだ?ってこともあるのだが。

※以下、不快な文章、とんちんかんな文章も出るので読み飛ばしましょう。
ここでは、いじめをする人を「加害者」、いじめられる人を「被害者」と表現してます。

いじめをする「加害者」のほうが「悪」であるわけで、「加害者側」をもっと徹底追求しろよと。間接的に殺人を犯しているわけだから(過激発言すまぬ)。
具体的に学校側が今後何をしていくことになったのか、「加害者」本人は何をしたのか、「加害者」の両親はどう思っているのか、みたいなことを重点的に論議していくべき問題なんだ。
「加害者」は直接手を汚したわけじゃないから、たぶん記憶から自殺のことは消えてしまうだろ。現に葬儀の席で棺桶の中をのぞいて笑っていた中学生もいたみたいだし。だから心に傷をつけてやれってことさ。

自分は二児の父だけど、もし自分の子供がいじめで追い詰められていたらどう守ろうかと。
手っ取り早いのが「親公認登校拒否」だ。でもそれって何の解決にもならないな。だから「加害者」側には絶対的なダメージを与えるつもりではある。暴力とかではなく直接「加害者」と会話するとか、担任いや校長と会話するとか、考えられることを徹底的にやって「加害者」を後悔させてやりたい。陰険なやり方ではなく、堂々と訴訟を起こしてでも「加害者」をぶっ潰す(過激発言すまぬ)。
そもそも「被害者」の両親はいじめに気づいていないってことだよね。自分も気をつけねば。たぶん「被害者」は他の人に相談するってことができない精神状態だと思うし。

自殺を選ぶな。相手が喜ぶだけだ。しかも一時の謝罪で事件は忘れられてしまうぞ。
自殺するくらいなら家出しろ。学校や両親や警察に大迷惑をかけろ。

・・・って、無責任でエラソウな発言してるけど、自分が「間接的な加害者」だった経験もあるわけで。
(その2に続く)

かかしの旅 (2005)
監督:冨永憲治
出演:林瓏、上原祐也、大河

いじめをテーマにした映画らしい。未見だけど。

| コメント (1) | トラックバック (2)

PS3

高ぇーとか文句いわれ続けていたPlayStation3が販売開始。さっそくAmazonのマーケットプレイスやYahooオークションに転売されはじめているのだが・・・
「商品購入の権利」に8万円以上も入札している人もいる。落ち着け!8万+商品本体約6万なんだぞ!!
パニックになって商品説明をよく読んでいないんだろうねえ。恋は盲目。そもそも転売屋から買うことに疑問はないのか?

今回SONYは任天堂に対抗するために、発売日を早めて工場をフル稼働させて出荷したんだろうね。そんな急ピッチの作業で大丈夫なのか?昔からSONY製品は初期ロットは不具合があったりするわけだが・・・

ダ・ヴィンチ・コード (2006)
THE DA VINCI CODE
監督:ロン・ハワード
出演:トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、イアン・マッケラン

この映画って公開前からカトリック教会がソニー製品の不買運動をしたりして話題になったよね。
(ソニー・ピクチャーズエンタテインメントだから)

個人的な意見としては、なんかSONY製品って大丈夫なのかよってイメージがついてしまったな。バッテリーの発火騒ぎもあるし、プレステ2でも一部のゲームが遊べないとかの問題があったし。そもそもPS3はゲーム機の値段じゃないよ(高級レストランでもない)。
まあ次世代ゲーム機は買う予定がないけど、もし買うならWii(任天堂)かXBOX360だな。ソフト次第だけど。

パリのルーブル美術館で発見された館長ソニエールの死体。この事件で警察から協力を求められたバーバード大のラングドン教授だったが、じつは容疑者のひとりでもあった。死体の回りの不可解な暗号、レオナルド・ダ・ビンチの“ウィトル・ウィウス的人体図”を模したポーズの死体は謎に包まれていたが、ソニエールの孫で暗号解読官のソフィは彼が無実であることがわかっていた。そしてソフィーは死体に隠された暗号の謎を追って、ラングドンと美術館を飛び出す…。
世界的ベストセラー小説の映画化。監督は『ビューティフル・マインド』のロブ・ライナー、主演はトム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、イアン・マッケラン、ポール・ペダニーと豪華な面々。映画は小説に忠実に描かれ、衒学的な原作の持ち味を損なわない知的ミステリーに仕上がっている。ふたりが謎を追って大移動するたびに、次第にひもとかれて真相に近づいていく様子は興味深い。またフランス、イギリスでの大がかりなロケ、ルーブル美術館内部の映像など、ビジュアルにも圧倒されるはずだ。(斎藤 香)
by AffiliSearch

| コメント (0) | トラックバック (2)

怒り

亀田兄貴が初防衛戦を延期。ヘッドギアをつけてるにも関わらず左眼の上を負傷したらしい。本人は「ランダエタなんて敵じゃない」なんて豪語してたのにな。だったら試合やれよ。逃げたと思われても仕方ないじゃん。こんなこと許されたら「調整に遅れてるから延期して」も通じるんじゃないのか?

予算300億をかけて検索エンジンを作ろう!なんてアホなことを考える経産省。どういう見積で300億という予算が生まれたんだ?税金をこんなことに使って何か得をするのか?こんな金があれば学校へのパソコン普及などもっと使い道があるんじゃないのか?国が管理するってわかっている検索エンジンを誰が使うというのか。
興味ある方は「日の丸検索エンジン」をGoogleで検索してみよう。

どっかの目立ちたがりの国が核実験を行ったりしたわけだが、これって世界の規模からしたらどのくらいのニュースなんだろうか?日本や韓国にとっては大ニュースなわけだが、世界規模で考えたらどうでもいい国なんだよなこの独裁国は。軍事を充実させてさらに支援をもらおうなんて都合のいいこと考えている国に、はやいとこガツンと制裁すればいいじゃんって素人的な発言をしてみる。

ランボー/怒りの脱出 (1985)
RAMBO: FIRST BLOOD PART II
監督:ジョルジ・パン・コスマトス
出演:シルヴェスター・スタローン、リチャード・クレンナ、チャールズ・ネイピア

この副題「怒りの脱出」って意味がよくわからないのは私だけか。「怒って脱出する」ってこと?少なくとも「怒りからの脱出」ではないな。

   前作の大ヒットでシリーズ化された、シルベスター・スタローン脚本&主演のバトル・アクション第2弾。刑務所を釈放されM・I・A (戦闘中行方不明者)調査任務を背負い、ベトナムへと派遣されたランボー。ところが司令部に裏切られ、米軍、東側ゲリラ部隊、あらゆるものを敵に回すはめに。
   爆弾付き弓矢など、実戦で使用できる本物の武器類と驚異の殺傷術が続々登場。大型戦闘ヘリ同士の空中戦を白眉にランボー=スタローンは前作よりもマッチョ度を増した。ここには84年、M・I・A 問題に触れた時の合衆国大統領レーガンの、好戦的「レーガニズム」の反映も見られよう。
   共同脚本は無名時代のジェームズ・キャメロン。後半のアクションのみが採用されたというが、彼はここで出会ったマリオ・カサール製作で『ターミネーター2』を作ることになる。(轟 夕起夫)
by AffiliSearch

| コメント (0) | トラックバック (2)

給食と弁当

給食費払わぬ親たち お金あっても「頼んだ覚えない」

家計にゆとりがあるのに給食費を払わない保護者が増えている。あまりの悪質ぶりに、法的措置を取る自治体が相次ぐ。未納分を学校側が立て替えたり、給食の質や量を下げて対応している事実は、教育界では“公然の秘密”。生活保護に上積みされた給食費を別の出費に流用する保護者もいるほどで、きちんと払っている保護者や教職員たちから非難の声が上がっている。

各自治体は、徴収員の配置やプリペイド方式の採用など“あの手この手”で踏み倒し防止に躍起だが、滞納する保護者の多くが「義務教育だから払いたくない」の一点張り。なかには「給食を出せと頼んだ覚えはない!」「給食を止められるものなら止めてみろ!」などとすごむ保護者もいるという。

この記事によると、給食費の相場は小学校(低学年)で月3900円、中学校で月4500円(文科省発表の全国平均)らしい。
給食費を払わない親の考え方には全く賛同できないな。学校側が未払いの子供だけ給食を出さないってことができないってことをわかってるんだろうな。給食費を払ってないってことは食い逃げなんだから処罰できないのかな?
そもそも、給食がなくなった方が親の負担絶対増えるはず。弁当作るにしても大変だし、市販の弁当を持たせるにしても、絶対に給食より高くつくはずなんだ。
それにみんなと同じ物を食べるってことは教育にもいいと思う。例えば自分の息子は、家では泣きながら「茄子は嫌いだー」なんて言ってるけど、保育園のお昼に茄子が出ると文句もいわずに食べているらしい。つまり「友達みんなと一緒だから食べられる」ってこと。

給食は絶対に残して欲しい。ここからは自分の体験した悲しい過去・・・。

時は小学生の頃。母親が入院していた時期があった。だから朝昼晩のおかずを祖母が作っていた。そして迎えた運動会。普段は給食なのだがこういうイベントの時は弁当持参だった(今の時代はどうなってるかは知らないが)。
運動会の朝。祖母から弁当が渡された。その時「おばあちゃん、たいした物が作れないからゴメンね」と言われた。
運動会の昼。弁当を開けて我が目を疑った。おかずは卵焼きのみ。あとは真っ白なご飯だった。みんな俺の弁当を見て、ウインナーあげるとか言ってきたけど全て断った。大急ぎで食べてトイレに逃げてった。たぶん泣いてたかも。
もう祖母に対して怒りをぶつけようと帰ってきたら、すぐ祖母が駆け寄ってきて「おばあちゃん、たいした物が作れないからゴメンね」って泣いて謝るので、もう怒りなんて無くなってた。「平気だよ!」って言ったと思う。
最近、祖母が昔のことばかり話すようになってきたけど、時々そのことを話してくれる。祖母と自分にとってはすごく印象の強い一日だった。
・・・・やべっ。この文章を書きながら泣きそうになってきたわ。

まあ何が言いたいかってことは、給食は金持ちも貧乏も平等に同じ物を食べれるってことで幸せなんだ。
各家庭にはいろいろと事情がある。共働きの家や母子家庭の家もある。そういう家庭にとっても給食というシステムはありがたいものなのさ。

贅沢な骨 (2001)
監督:行定勲
出演:麻生久美子、つぐみ、永瀬正敏

弁当、弁当・・・って考えて思いついたのがこの映画。ハンバーグ弁当を食べるシーンが印象的。
やっぱり弁当の王様はハンバーグ弁当だよな!

by AffiliSearch

| コメント (0) | トラックバック (1)

平和ボケ(再掲)

「平和ボケ」の記事を非公開にしました。内容は「北朝鮮」のミサイルに関するものです。

・記事のリンク先、それに対する個人のコメントなどが、偶然とはいえソックリな記事を発見した。
・時間的にどう考えても自分がパクったと思われてもおかしくない。

というわけで非公開にしました。
以下の文は特に問題がない(?)と判断したものです。

------------------------------------------------
また撃たれたよ。「日本は何もしない」とナメられてるわコリャ。

今そこにある危機 (1994)
CLEAR AND PRESENT DANGER
監督:フィリップ・ノイス
出演:ハリソン・フォード、ウィレム・デフォー、アン・アーチャー

この映画の内容と今回の事件には全く関係ないけど、この映画のタイトルが今の日本なんだってばよ。

『レッド・オクトーバーを追え!』『パトリオット・ゲーム』に続く、トム・クランシー原作の「ジャック・ライアン」シリーズの映画化第3弾である。
CIA副長官代行を任命されたライアンは、大統領が指示した南米の麻薬カルテル撲滅のために調査を開始したが、そこには大きな陰謀が隠されていた。ハリソン・フォードのライアン役は前作からだが、よりアクションに力が入っている。さらに、誰よりも家族を大切にする、ライアンのキャラクター性も強調されている。
監督は前作同様、サスペンスアクションには定評のあるフィリップ・ノイスが務めている。(伊藤文恵)
by AffiliSearch

| コメント (1) | トラックバック (1)

ニワトリとタマゴ

「ニワトリより卵が先」 英学者らが「結論」

卵が先か、ニワトリが先か。長年にわたり、学者から酒場の酔っ払いまでを巻き込んできた疑問に、英国の遺伝学者と哲学者、養鶏家の計3人でつくるチームが結論を出したと主張している。

彼らの言う「結論」は――「卵」だ。

なるほど。学者が言うのだからこれが信憑性のある結論なんだろう。「突然変異のタマゴを生む」と考えれば確かにタマゴが先ということになるな。自分の意見としてはニワトリのほうが先だと思ってたよ。まあ「突然変異でタマゴを生むようになった」と。じゃあタマゴが産まなかった鳥はどうやって生まれたのかというツッコミには何も反論できなかったのだがね。

話はコロっとかわって・・・
あまり自分はインスタント食品を口にする機会がないのだが、時々すごく食べたくなるものがある。それはチキンラーメンだ。悲しいけど、丼に生卵を落として・・・っていう食べ方、実は一度も試していないのだ。一人暮らししている時もやったことなかったな。死ぬまでに一度は試したい(そんな大袈裟な話でもないのだが)。
いっそ職場に「マイどんぶり」を持参して残業中に食べてみるか。チキンラーメンならゴミも少ないし。問題は卵だがコンビニって生卵を売ってたっけ?
そもそも生卵を落とすっていうのも「親子丼」的な考え方だね。チキンラーメンの「親」は形すらないけど・・・

チキン・リトル (2005)
CHICKEN LITTLE
監督:マーク・ディンダル
声の出演:ザック・ブラフ、ゲイリー・マーシャル、ドン・ノッツ

この映画をみて、「チキン・リトルっておいしそー」って考える方がいたらヤバイです。

「空のかけらが落ちてきた!」と大騒ぎして街を大パニックに陥れたチキン・リトル。そのせいでチキン・リトルは町の人から疎まれるわ、同級生からはいじめられることになるわ。しかも愛する父親からも誤解を受けることに。そんな中でもチキン・リトルは「明日は新しい日になる」と信じて失地回復のため努力を続ける。だがそんなある日、なんと友人のフィッシュが宇宙船にさらわれて……。
ディズニー初のフルCGアニメだが、最新技術を使いながらあえて伝統的なカートゥーン(マンガ映画)に仕立てたのが面白い。そこに親子愛や、信じることの大切さなどハートフルなテーマを盛り込み、大人もグッと来るような作品に仕上げている。特に過保護な親が多い時代、自分の子供を信じいかに自立させるかを描いた本作を観て考えさせられる人も多いかも!?(横森文)
by AffiliSearch

| コメント (0) | トラックバック (2)

原爆をネタにする国

こんな国と仲良くするのは不可能。

大使激怒 日本大使の前で、ヒロシマ原爆をネタに下品に笑う韓国人

韓国が外国貴賓を招いた会での事。 インターコンチネンタルホテル社長がビールの泡を見ながら 『泡が原爆の煙のようだ。広島原子爆弾酒だ』と発言。 それを受けて盛り上がる韓国人達。 一人、険しい顔で屈辱に耐える駐韓大島日本大使。

もっと日本のマスコミは取り上げるべきじゃないの?国際問題にしてほしいよ。

はだしのゲン (1976)
監督:山田典吾
出演:佐藤健太、三国連太郎、左幸子

| コメント (0) | トラックバック (0)

PSE法

電気用品安全法のページ

電気用品安全法(PSE法)に対する署名

PSE法(電気用品安全法)の改正を求めます。

TVのニュースじゃ見たこと無いけど某掲示板やblog系サイトでは大騒ぎだよね。「PSEマーク」のついていない電化製品、家電をはじめ中古シンセや中古ゲーム機なども4月からは販売できないという・・・。

まあ自分はたいして調べてないので間違った解釈をしているかもしれないけど、
・「PSEマーク」がついてないものは売ってはダメよと。
・リサイクルショップも売買しちゃだめよと。
・愛着を持つ電化製品が該当して場合、壊れたら二度と手に入れられないぞと。
・市場にある古いものは全部消えろよと(極論)。

「使うな」というのではなく販売が規制されるというものだけど、これって消費者側にメリットあるのかな?オークションにも出品してはならないような話も読んだけど、中古ゲーム機(PlayStationやセガサターンなど)はNGだけどパソコン関連は別枠とか。パソコンのジャンク品に関しては「安全法」はどうなるのだ?パソコンのほうが安全ではない気がするのだが・・・。

処分する側としては、
これからは古い電化製品は業者に金を払って引き取ってもらうしか選択肢はないね。もしくは不法投棄か(もちろんダメだが)。

しかし、買う側としては・・・
昔は高値で買えなかったものを中古で格安で買うということができない。その機種は個人的に譲り受けるのでなければ「永遠に手には入らない」ってことだね。自分なんて最新機械ではなく「不便だったちょっと昔の機械」をオークションなどでチェックしていたのに・・・

そういえば自分の知り合いの「ジョイーンさん(仮名)」の部屋のほとんどのものがPSEにひっかかるな。各種ゲーム機、レーザーディスク、ゲーム基盤など。オーディオはどうだったかな?ご愁傷様。

そもそも、この(悪)法は何故生まれたんだろ?日本人は本来は物を大切にする種族だった気がするが、「もっと消費社会になれよ」ってことかいな?ゴミだらけの国に発展しそうだねえ・・・

玩具修理者 (2001)
監督:はくぶん
出演:田中麗奈、忍成修吾、麿赤兒

中古 → リサイクル → 修理 ということで、この映画を紹介。繋がりはタイトルだけ・・・(まだ観てない)。
これからはPSEマークのついていないものは修理不可なのか?(そもそも修理してくれるのか?)

   アンティーク・トイが並ぶ玩具屋に、ある日サングラスをかけた女(田中麗奈)が現れた。女は店員の少年(忍成修吾)に向けて、おもちゃにまつわる自分の不思議な思い出を静かに語り始めていく。それは、この世のものなら何でも直してくれる玩具修理者の話だった…。
   小林泰三の同名小説を原作にした、およそ45分ほどの短編ダーク・ファンタジー映画。奥山和由が製作&指揮する“Q FRONT MOVIE”で、渋谷Qフロントにて2週間ドリンク付き低料金上映という新形式での上映形態も話題を集めた。死と密着した幽玄的世界観が、懐かしさを伴いながら観る者を無気味に包み込む佳作。監督のはくぶんは、NHKをベースに数々のCGやハイビジョン映像をクリエイトしてきており、これが映画監督デビューとなった。(的田也寸志)
by AffiliSearch

| コメント (1) | トラックバック (0)

立てよ国民

はぁ?もうアホかと。

怒れサラリーマン!増税、年110万円

小泉純一郎首相(63)の諮問機関・政府税制調査会が21日、個人所得課税に関する報告書を提出、ギャンブルの払戻金や退職金に対する課税面での優遇、扶養・配偶者控除を見直すと提言するのだ。
財務省も10年後の「消費税19%」か「歳出の3割カット」という“二者択一”の試算をまとめている。

控除見直しも頭にくるけど、消費税19%って何なんだよって感じ。
もう買い物もしなくなるっての!! 労働意欲も湧かないっての!!(・・・いつもだが)
無駄を全て削った上での増税とはとても思えない。もしこの案が衆参を通過したとしたら与党のみならず野党も国民のことなんて考えてないってことだ。

「もっと削れよ無駄を!」と、強く言えない物欲野郎の私。わかってるよ・・・削るよ・・・

郡上一揆 (2000)
監督:神山征二郎
出演:緒形直人 、岩崎ひろみ、古田新太

こりゃ一揆するしかないでしょう。国民からさらに税を搾り取ろうとしているんだから。
それ!一揆!一揆!!一揆!!!(不謹慎発言ごめん)

| コメント (1) | トラックバック (0)

ゲームについて

【SONY】 プレイステーション3

株式会社ソニー・コンピュータエンタテインメントは、現地時間の5月16日、関係者およびメディア向けにメディアブリーフィングを開催した。ソニー・コンピュータエンタテインメント・アメリカ社長兼COOのKAZ HIRAI氏が登壇し、始まったプレゼンテーションは長時間に及んだ。その中身はもちろん、本日発表となった次世代プレイステーション=「プレイステーション 3」である。

【マイクロソフト】 Xbox360

マイクロソフト株式会社は、「次世代Xboxプレビュー」を六本木ヒルズにおいて開催した。アメリカでは先行でプレスリリースが流され、「Xbox 360(さんろくまる)」の名称が明らかになった。

【任天堂】 Revolution

5月17日(米国時間)、ハリウッドにあるHollywood&Highlands Comprexで、任天堂のカンファレンス「Nintendo Media Briefing」が開かれた。「Revolution」のコードネームで呼ばれる次世代機のプロトタイプを紹介し、上位互換性を持たせたことなどが発表されたほか、GBAと完全互換性のある「ゲームボーイミクロ」も登場した。

賑やかになってきたゲーム業界。映像をTVなどでみたけど、すごいねこれは。
もちろん買いませんけど!
PlayStation・セガサターン・Nintendo64の時代はプレステを買った。やりたいソフトがあったから。
PlayStation2・Game Cube・Xboxの時代はプレステ2を買った。やりたいソフトがあったから。

今まで自分が買ったゲーム機には必ず「キラーソフト」というものが存在した。
メガドライブの時は「スーパーモナコGP」というレースゲームだった。
スーパーファミコンの時は「F-ZERO」というレースゲームだった。
PlayStationの時は「リッジレーサー」というレースゲームだった。
GameboyAdvanceの時は「マリオカート」というレースゲームだった。
PlayStation2の時は「連邦vsジオン」というアクションゲームだった。
PlayStation2を買いなおした時は「エゥーゴvsティターンズ」というアクションゲームだった。
(型番で不具合があったため買いなおした)
以上である。結構ゲーム機買ってたな(^_^;)

結局「ソフトがあってのゲーム機」なのだが、遊びながら思ったのは「絵が綺麗でもツマランゲームは多い」ってこと。たぶん次世代機のソフト制作には、今までの何十倍もの人を使うのであろう。つまり何十倍の費用がかかる。それは人物の描写など「絵」に関することが大半なのでは?
ソフト製作の会議の段階で、「とりあえずヒットしなくては元が取れないから知名度から考えて続編にしよう」なんて安易な方向へ行くんじゃないのかな?

最近Wizardryという超古いゲームを昼休みにやっているのだが、今流行しているRPGって「製作者の作ったストーリーを演じさせられるRPG」なんだよね。それに対して「黙々と冒険する」ことがすごい好きだと気づいた私は、ゲーム機の性能に関してはファミコンレベルでも十分なのだ。

まあ、息子にせがまれたら買うけどね。仕方ないなぁって(笑)

スター・ファイター (1984)
THE LAST STARFIGHTER
監督:ニック・キャッスル
出演:ランス・ゲスト、ロバート・プレストン、ダン・オハーリヒー

この映画はビデオゲームの腕を見込まれて宇宙人にスカウトされた少年が宇宙戦争に参加する話。
ゲームが戦争に役立つという、ちょっと嫌なテーマではあるけど・・・

| コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧